大黒柱がたちました!

今日も内装です.

先日camburiの大黒柱がたちました.

f0006650_22265250.jpg


これはヒノキの丸太をバーナーでがぁーっと燃やして,うづくりでこすってこすってツヤをだしました.ここからだとよく見えないけど.
横にびよーんとのびているのはながーいボルト.
惣次さんが特製ナットまわしを作ってくれて,らくちん作業になってます.

f0006650_22402157.jpg


板を一枚はめて,ワッシャー入れてナットでしめて,また板をはめて・・・.
連日柱を立て続け,今日までにとりあえずトイレの壁とカウンター脇の壁がたちました.
(写真は暗くなってしまいとれず・・・,また明日!)

明日はいよいよカウンターの基礎を打ちます.

それが終わると,また製材です・・・.
でも製材所のサクラが咲き始めているので,お花見しながらの作業ができそうです.

by camburi | 2006-03-13 22:42 | 内装

お久しぶりの

更新となってしまいました.何度も見に来てくれた皆さんごめんなさい.

camburiはまだまだ内装工事中です.
先月からずっとヤッケ着込んで大工修行中の私です.

ようやく製材が終わったーと思っていたら,やっぱり柱の数が足りずにまた製材になりました.
今日はそんな製材の様子をのせたいと思います.

まずこちら

f0006650_2134522.jpg


下にレールが引かれているのがわかりますか?
丸太の木を製材するにはまず,この製材汽車(勝手に命名)に丸太をのせます.

f0006650_21354921.jpg


奥は製材汽車に乗って操作する惣次さん.
手前で光ってるのがノコ刃で,丸太がここを通ることで角材へとなっていくのです.

f0006650_21451843.jpg


こんな感じです.わかるかな?

私たちが製材している丸太は,台風などで倒れてしまった木を山から運んでいます.
切ってみると腐っていたり,シミが入っていたりします.
でもどれもこれも味があるし,これ自分がやった木だー,と覚えたりしてなかなか楽しいものです.


f0006650_21543625.jpg


これが製材し終えたヒノキの板です.
このあと大工さんが丁寧にかんながけしてくれています.


こんな作業もしながら,camburiができあがっていきます.
小さい頃,手にトゲが刺さるのが怖くて木をさわるのが大嫌いだった私ですが,やればできるもんですね.

by camburi | 2006-03-12 22:06 | 内装